2012年10月30日

10月27日(日)ヒンメリワークショップを行いました。

フィンランドの伝統装飾、ヒンメリ。もともとはヨウルという冬至のお祭りに飾られたそうです。
「ヒンメリ」の語源は、スウェーデン語の「天」という意味だそうです。
麦わらを同じ長さに切って、つないで、正八面体をつくります。
3時間のワークショップ、子どもたちは、みな集中。もっとやりた〜い、という気持ちで終了しました。

hinmeri01.jpg
会の保護者でもある、造形作家のおおくぼともこさんが教えてくださいました。


hinmeri02.jpg
まずは、麦わらが同じ長さになるように、慎重に・・・

hinmeri03.jpg
大人も楽しい。

hinmeri04.jpg
みんな静かに黙々と・・・

hinmeri05.jpg
つなげて完成!

hinmeri06.jpg
みんなの作ったヒンメリを飾りました。壮観!
見る角度によっては、八面体が重なって、星の形(六芒星)が現れます。

hinmeri07jpg.jpg
どこか日本のわら細工にも似ていますね。
posted by tsca at 12:58| イベント