2014年06月14日

夏の親子のつどい2014

夏の親子のつどいを開催します!
是非、エポック授業とオイリュトミーでシュタイナー教育を体験してみてください。
今回は小学校1年生〜6年生を対象にした模擬授業と手仕事を企画しました。
この体験で、シュタイナー教育のエッセンスを感じ取っていただけることと思います。
みなさんとの素敵な出会いになりますように。

とき : 2014年7月6日(日)
ところ : 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 工芸室(受付)

プログラム概要 :
●午前の部 9時半〜12時 エポック授業とオイリュトミーの体験
 (学年によって集合時間が変わる可能性があります。)
●午後の部 13時〜15時 質疑応答と手仕事体験

<エポック担当講師より>
シュタイナー教育では人間の成長を7年ごとに区切り、とくに21歳までは各七年期で教育的アプローチが変わります。学齢期に当たる第2七年期(7〜14才)は、主に心で学ぶ時期です...more

<オイリュトミー担当講師より>
オイリュトミーはシュタイナーにより創始された身体芸術で、幼児から高校生まで必須科目です。
今の子供たちは、学力をつけるために学習塾に、体を鍛えるために水泳やダンスやサッカー教室に、情操教育として音楽など習いに行くというケースが少なくないのではないでしょうか? ...more

参加費 : 親子で1日3,500円 
(大人が1人増えるごとに2,000円、お子さんが一人増えるごとに1,500円追加となります。大人のみの参加も可。参加費は当日現金にてお願いいたします。)

●申し込み締め切り 6月30日 但し、定員に達した時点で締め切りとさせていただきます。
●託児の必要な場合は申込み時にご相談下さい。
●持ち物、集合時間についてはお申し込み後にお知らせいたします。

お申し込みはこちらから

夏の親子のつどいチラシはこちらから
夏の親子のつどい2014.pdf
posted by tsca at 22:15| 親子のつどい

2014年02月02日

冬の親子のつどい2014報告

寒さがゆるみ、ゆったりとした日に、冬の親子のつどいが開催されました。

みなさん、おだやかな雰囲気で、授業とオイリュトミーを体験されていました。
エポック授業は、「金のガチョウ」のお話。ミツロウ粘土で金色のガチョウがたくさんできあがりました。
こどもたちは、誇らしげに金のガチョウを手にもって嬉しそうでした。
オイリュトミーも連携していて同じ「金のガチョウ」でした。
1日だけの体験でも、子ども達にとって、すてきな贈り物となったことでしょう。

午後の手仕事は、羊毛をふわふわっとまるめて、いろいろなものができました。
枝に吊るしたり、ネックレスにしたり。
参加して下さった皆さま、残念ながら今回参加できなかった皆さま、また、次回お会いしましょう。
tsudoi01.jpg

tsudoi02.jpg
tsudoi03.jpg

tsudoi04.jpg

tsudoi06.jpg
posted by tsca at 20:58| 親子のつどい

2014年01月21日

冬の親子のつどい2014の申し込み

みなさま、お申し込みいただきありがとうございました。
冬の親子のつどいは定員に達しましたので、これからのお申し込みはキャンセル待ちになります。
午後の人形劇と手仕事は、参加可能ですので、ぜひお申し込みください。
午後のみの参加は、親子で1,000円となります。

お申し込みはこちらから
posted by tsca at 21:51| 親子のつどい

2014年01月07日

冬の親子のつどい2014

冬の親子のつどいを開催します!
年長さんとその親御さんが対象の授業体験です。
シュタイナー教育に関心のあるかた、入会をお考えのかた、ぜひご参加ください。
冬のひととき、ゆっくり過ごしましょう。

とき:2014年2月2日(日)9:30(受付開始)〜15:00
ところ:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 工芸室・美術室1
参加費:親子で3,500円 
(大人のみ参加2,000円 親子1組+大人が1人増えるごとに2,000円 お子さんが1人増えるごとに1,500円)
対象:親子(年長児と親) 定員:10組

○受付 9:30~9:40 工芸室
○親子の授業体験 9:50〜10:50  美術室1
 講師 谷口恭子先生
大人にとっては、たわいない物事が、子どもにとっては宝石のように思えるような経験が、皆さんの子ども時代にたくさんあったのではないでしょうか。子ども達に必要な「素朴だけどほっこり心温まる時間」は、忙しすぎる毎日や便利すぎるもの達に囲まれる日々の中で忘れてしまいがちです。そして、大人になるとつい「この結果どうなるの?」とか、「何のためにやるの?」などと頭で考えてしまいがちです。そこで、大人のみなさんもしばしの間、子ども達と一緒に子どもに戻って身体を動かしたり、お話の世界に身を任せてみませんか?

○オイリュトミー 11:00〜11:30  美術室1
 講師 岩重七重先生 
オイリュトミーは、シュタイナーの提唱した身体芸術で、幼児から高校まで必須課目です。
親子で楽しむオイリュトミー、心も身体も暖かく、明るく嬉しくなってくるのを、どうぞ楽しんでください。

(お昼休み11:30〜13:00)
○人形劇「かさじぞう」 13:00〜13:30 工芸室 
保護者有志による人形劇。お子さんが観ている間、保護者の方は質疑応答の時間となります。

○冬の手仕事 13:30〜15:00 工芸室
 羊毛の手仕事をします。会の保護者といっしょに、話をしながら手仕事をしましょう。

●参加費のお支払いは当日現金にてお願いいたします。 
●託児は、お申し込み時にご相談ください。

お申し込みはこちらから

冬の親子のつどいチラシはこちらから
冬の親子のつどい2014.pdf
posted by tsca at 15:57| 親子のつどい

2013年07月30日

レポート:夏の親子のつどい2013

会場の笹に願いのこもった短冊がゆれた七夕の日、
夏の親子の集い2013が開催されました。

ご参加くださった方々、ありがとうございました。

オイリュトミーとエポック授業の体験に加え、

手しごとの時間にはランタン作り、トランスパレント作り、
木の実のペンダント作りなどを親子ともに夢中になって
楽しみました。

質疑応答の時間は、思いがけずお互いが体験を通して感じた
想いをシェアする場となり、こころのおなかがいっぱいに!

またお目にかかれる日を楽しみにしておりますね。

みなさま、楽しい夏休みを過ごされますように・・・


あみあみ
003.JPG

トランスパレントのお星様
002.JPG

ゆらゆらランタン
001.JPG
posted by tsca at 13:21| 親子のつどい