2018年05月29日

2018年度講師のご紹介

2018年度の講師をご紹介します。
学年ごとの担当と、オイリュトミー選任の講師がいます。
保護者会の実施や、子育ての相談にのっていただくこともあります。
また、会員以外の方でも説明会や当会主催のイベントによっては、講師から直接お話を聞くことができますので、お気軽にお問い合わせください。

小堀照美先生(1、6年生担当)
1996年、沖縄県の離島で教員生活を始める。その後、栃木県内の公立中学校の臨時採用教諭、栃木県宇都宮市の中高一貫の私立学校で教諭として7年、そしてシュタイナー幼稚園で幼稚園教諭として1年、のべ9年間の教員生活を送る。この間にひびきの村やアメリカサクラメントのシュタイナーカレッジのサマープログラムに参加するなどして人智学を学び始める。2006年4月より、北海道ひびきの村にあるミカエル・カレッジで、1年目に自然と芸術と人智学を学ぶプログラムを、2年目にシュタイナー学校教師養成プログラムを受講し、2008年3月修了。土曜クラスの担任をもって12年目となる。

溝江有里子先生(2年生担当)
大学卒業後、教育学を深めるために大学院へ進学、 教育学修士号を取得。2005年から都内公立小学校で特別支援講師や担任を務め、2013年に退職。その後、北海道ひびきの村ミカエルカレッジで人智学基礎コースとシュタイナー教育教員養成コースを受講、学校法人シュタイナー学園支援講師。現在、東京シュタイナーこどもの会となのはな園小学生クラスの担任。

小川善子先生(3年生担当)
1998年よりオイリュトミーを学び始め、人智学に触れる中で教員を志望し免許取得。2009年より小学校にて非常勤講師。2010年6月、NPO法人日本アントロポゾフィー協会主催の第X期シュタイナー教育教員養成講座修了。同年9月より当会にて担任を務める。2011年、第W期アウディオペーデ養成講座基礎コース終了、2011年〜2013年、専門コース参加。2013年、第W期シュタイナー美術教員養成講座終了。

谷口恭子先生(4年生担当)
2000年に渡米。アメリカ・サクラメントのルドルフ・シュタイナーカレッジで、基礎コース、教員養成コース受講、2002年5月卒業。2003年4月より8年間、学校法人シュタイナー学園(旧東京シュタイナーシューレ)にて、担任として勤務。

升本浩子先生(5年生担当)
娘の教育を通じてシュタイナー教育と出会う。造形教室を13年間主宰。日本アントロポゾフィー協会主催教員養成講座第3期修了。シュタイナー美術教員養成講座修了。各地子どもエポッククラスと幼児から大人の水彩クラスの講師、シュタイナーこども園アシスタント、幼児親子クラスなどを務める。2004年〜2008年東京シュタイナーシューレ土曜クラスから引き続き、当会の担任。千葉の全日制シュタイナー学校の手の仕事専科、担任を経て、2014年度より再び当会担任を務める。

岩重七重先生(1〜4年生オイリュトミー担当)
臨床心理士として精神科、小中学校などでアートセラピー、心理面接などを経験の後、オイリュトミーに出会い、正規のオイリュトミスト養成コースをスタジオルラにて修了、スイス・ゲーテアヌム認可オイリュトミストディプロム取得。3年間のフォルトコースでは主にメルヘンを学び公演する。幼児、小学生、大人のためのオイリュトミークラスを持つ他、オイリュトミーを取り入れた研修やワークショップなどおこなっている。

渡辺志保先生(5〜6年生オイリュトミー担当) 
2009年東京オイリュトミー学校卒業、オイリュトミスト養成コース・シュタイナー教育教員養成コース修業。オイリュトミーを通して子供たちの教育や舞台活動を行っている。
2010〜2011年「柏市立名戸ヶ谷小学校」特別支援学級にてオイリュトミー講師。2011年から「学校法人シュタイナー学園」と「千葉の全日制シュタイナー学校」にてオイリュトミー講師。また、「千葉シュタイナー子供クラス」を務め、現在は「学校法人シュタイナー学園」にてオイリュトミー講師、と「千葉シュタイナー・オイリュトミーの会」の講師を務め、あわせて2014年より当会オイリュトミー講師を務める。
posted by tsca at 00:43| 講師プロフィール

2018年04月24日

新1、2年生の募集 説明会開催のお知らせ

小学生のためのシュタイナー教育 土曜クラス
-新1、2年生の募集-

青葉が美しく風薫る季節となりました。
そろそろ新生活に慣れてきた頃でしょうか?
もうすぐGW、ご家族でゆったりと過ごせますね。
当会では5月以降も引き続き説明会を開催いたします。
《開催日》 5月19日 6月9日 6月16日 6月23日
      7月7日 7月14日 7月21日
他学年も随時募集しておりますので是非お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから
posted by tsca at 09:28| *募集 新1年生

2018年04月17日

新1年生の応募について

春の日差しが心地よい季節の中、東京シュタイナー
こどもの会も新学期の活動が始まりました。

4月21日、28日の説明会は、引き続き受付しております。

なお、新1年生の募集はひとまず5月2日までとさせて
いただきますが、5月3日以降も随時対応いたしますので、
どうぞお問い合わせくださいませ。

新1年生の授業は、6月23日、7月21日を予定しています。
愛らしい1年生との出会いを楽しみにしております。

posted by tsca at 21:13| *募集 新1年生

2018年04月07日

2018年度 新1年生 応募受付について

1年生のみなさま、ご入学おめでとうございます。
色とりどりの花や、木々の芽吹きが美しい季節、こどもたちは胸を踊らせていることでしょう。

当会では、1年生の応募を引き続き受け付けております。
また、他学年についてもお問い合わせください。

今月は毎週土曜日に説明会を開催いたします。
  4月14日 4月21日 4月28日
  いずれも土曜日 13:00〜
  国立オリンピック記念青少年総合センター内練習室
  
ご質問や、小学校生活の気になる事など、お気軽に相談にいらして下さいね。

お申込み、お問い合わせはこちらから

お待ちしています。
posted by tsca at 20:30| *募集 新1年生

2018年03月12日

冬の親子のつどい ご報告

寒気も少しずつ緩みはじめようやく春の気配が感られる頃、去る2月25日に冬の親子のつどい2018が開催されました。

今年は8組の親子の皆さまがご参加下さり、冬の親子の集いのテーマ「子どもの心と体を健やかに育むシュタイナー教育の体験 」に基づいたエポックとオイリュトミーの授業を体験していただきました。

IMG_1.jpg
〈販売ブースより〉

エポックの授業では、春を探しに森へ行くというお話のメルヘンを色々な動きで楽しみ、最後は静けさの中で花を咲かせるために働く妖精たちのお話を聞きました。

オイリュトミーの授業では、メルヘンの世界につつまれながら、お花になったり小鳥になったりと動くことを楽しみました。そしてたくさん動いた後はゆっくりと安らぎ、静かな響きにつつまれる体験をしました。
参考: オイリュトミーは「美しい調和のリズム」という意味です。オイリュトミーをすることで子ども達の心と体を調和的に整え意思の力を育んでいきます。

後半は、在会保護者と講師陣交えての座談会が行われ、皆さま初対面に関わらず和気あいあいとした雰囲気の中、質疑応答のみならず講師陣から心暖まるお話もありました。
※座談会の間お子様たちは、預かり保育でお庭遊びや図書室で本読みなど自由遊びを楽しみすっかり仲良しに!

******

多くの皆さまとそのような体験、時間を共有できたことを幸せに思います。ご参加いただきありがとうございました。

IMG_2.jpg
posted by tsca at 17:53| 親子のつどい